あなたは知ってた?万能卵で高血圧改善できるって本当?

あなたは知ってた?万能卵で高血圧改善できるって本当?

あなたは知ってた?万能卵で高血圧改善できるって本当?

 

 

栄養バランスのとれた万能食材である卵が、高血圧予防に効果的ってご存知ですか?

 

 

卵は私達日本人の食卓には欠かせない食材のひとつで、朝は目玉焼き、お昼のお弁当には玉子焼き、3時のおやつはケーキ、夕食のハンバーグにもつなぎとして含まれていますね。
食生活の中であらゆるシーンで卵を食べています。

 

 

卵は完全栄養食品・機能性食品といわれ、栄養価が高く、豊富な栄養が含まれ健康維持に効果的であること、活習慣病の予防に効果的な食品であるとされています。

 

 

 

 

 

 

気になる卵のコレステロールですが、近年では1日3個14日間続けて食べても、コレステロール値の上昇変化はなかったとされています。

 

 

健康な人は、1日3個ほどは食べてもOKという報告もされています。

 

 

なぜ卵を食べてもコレステロール値が変化しなかったかというと、卵に含まれるコレステロールを調整してくれる機能が含まれているからです。

 

 

高血圧の原因にはLDLコレステロールの酸化が影響され、健康な人が卵を摂取することで高血圧を予防する効果が期待できますが、すでに高血圧の方は要注意。

 

 

高血圧は生活習慣病も原因のひとつであり、コレステロールがオーバーしている可能性があります。

 

 

コレステロールがすでにオーバーし、調整できなくなっている場合は生活習慣を見直すことも大切です。

 

 

 

 

高血圧改善のためには、このような記事もあります。

 

 

高血圧予防にチョコレートが役立つ理由

 

 

 

 

また、卵に含まれる卵黄レシチンも高血圧予防に効果的です。

 

 

レシチンがもつ乳化作用が、血液中や血管の壁のLDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールを分解し、体内から排出させる働きがあります。

 

 

血液の壁がつまると動脈硬化が進み、心疾患や脳卒中のリスクが高まりますが、レシチンを摂取することで、動脈硬化の改善にもつながります。

 

 

卵白に含まれるペプチドにも、高血圧を予防する効果があります。

 

 

ペプチドは血圧上昇を抑え、降圧剤と同じような作用を持ち、副作用の心配がなく天然の降圧剤作用があるとして注目されています。

 

 

さらに卵には良質なたんぱく質が豊富に含まれ、血管を丈夫でしなやかにしてくれる効果があり、抗酸化作用も期待できますので、体内のアンチエイジングにも効果的。

 

 

血管を正常に機能させるために、卵は欠かせない食品のひとつです。

 

 

美味しく高血圧予防できる、卵料理をご紹介します。

 

 

◆血液サラサラ卵スープ

 

 

玉ねぎとトマトをさいの目切り、豚肉とブロッコリーを一口大にカットします。

 

 

湯が沸騰したら野菜と肉、しょうがを入れて弱火でコトコト煮ます。

 

 

火が通ったら中火にして、溶き卵を入れて出来上がりです。

 

 

玉ねぎの血液サラサラパワー、トマトのリコピンパワーも加わり、高血圧をはじめ生活習慣病予防、ダイエットにもおすすめレシピです。