効果的に!豆腐と豆乳の大豆パワーで高血圧予防レシピ

効果的に!豆腐と豆乳の大豆パワーで高血圧予防レシピ

効果的に!豆腐と豆乳の大豆パワーで高血圧予防レシピ

 

 

ローカロリー食として有名な、豆腐や豆乳などの大豆製品は、高血圧予防の効果もあるとして注目されています。

 

 

カロリーコントロールしやすい健康的な食事である日本食は海外でも注目され、特に豆腐は世界共通の健康食として人気の高い食材です。

 

 

精進料理のひとつである豆腐は、長寿食としても用いられ、良質なたんぱく質を含む豆腐は栄養成分も豊富で様々な料理に用いられています。

 

 

最近では、ドーナツやパンなどに加工され有名なドーナツショップでも販売され、豆腐料理専門店も少なくありません。

 

 

大豆が高血圧に良いとされる理由のひとつが、栄養成分の「イソフラボン」にあります。

 

 

イソフラボンは、血圧の上昇と血中コレステロールを抑える効果があるとされ、高血圧を予防し、心疾患のリスクを低下させる働きがあります。

 

 

血圧が上がることで心臓病のリスクが高まるため、まず血圧を安定させること、高血圧を予防することが大切です。

 

 

 

 

 

 

心疾患の要因は、高血圧、高コレステロール、糖尿病、喫煙などがありますが、特に更年期に入った女性はコレステロール値の上昇に注意してください。

 

 

年齢を重ねるにつれエストロゲンが減少し、血圧やコレステロール値が上昇するため、減少したエストロゲンをサポートするためイソフラボンを豊富に含んだ豆腐や豆乳などの大豆製品が大活躍してくれます。

 

 

また、豆腐は良質なたんぱく質やビタミン、カルシウム、食物繊維を含みますが、高血圧を予防する食事療法の基本はカリウム、カルシウム、たんぱく質を含む食事を摂ることで、たんぱく質によって血管を丈夫にし、カルシウムは血圧上昇を抑える働きがあります。

 

 

 

 

高血圧について、次のような記事もありますのでチェックしてみて下さいね。

 

 

高血圧予防に肉は必要?

 

 

 

 

美味しく高血圧予防するために、豆腐と豆乳を使ったレシピをご紹介します。

 

 

◆豆腐と豚ミンチのしょうがスープ

 

 

沸騰した鍋に豚ミンチとしめじ、調味料(酒、みりん、しょうゆ、だし、しょうが、塩、砂糖)を入れます。

 

 

水切りした豆腐を入れ、鍋の中で大きく崩し、ひと煮立ちさせネギをちらせがば出来上がり。

 

 

豚ミンチを入れたあと、しっかりあくをとることで見た目もきれいに仕上がりますよ。

 

 

良質なたんぱく質とビタミンBの効果で、高血圧予防と美容効果、アンチエイジング効果が期待できる食べるスープです。

 

 

それぞれ食材も安く手に入り、鍋で煮るだけなので簡単にできますよ。

 

 

◆豆乳アボカド

 

 

皮をむき半分に切ったアボカド、豆乳、はちみつを合わせてミキサーにかけます。

 

 

アボカド1つに対して、豆乳は400mlが目安です。

 

 

コレステロールの上昇を抑え、高血圧予防に効果的で、簡単に作れるのに朝食にもぴったりです。

 

 

高血圧といった生活習慣病の予防には、このように食事療法が基本となりますが、ストレスを軽減させることも意識することが大切です。

 

 

規則正しい生活習慣と適度な運動、栄養バランスのとれた食事が健康生活のベースとなりますので、豆腐や豆乳を使って美味しく高血圧予防しましょう。