海藻がいいのは嘘?高血圧を予防する方法

海藻がいいのは嘘?高血圧を予防する方法

海藻がいいのは嘘?高血圧を予防する方法

 

 

高血圧と海藻の関係は昔からよく言われ、様々な民間療法も伝わり、海藻に含まれる有効成分のアルギン酸の効果によって高血圧の改善につながるといわれています。

 

 

昆布、わかめなどに豊富に含まれる水溶性食物繊維のひとつで、これらを摂取しアルギン酸を体内に入れることで、腸内でカリウムとナトリウムが結合して排出されます。

 

 

カリウムは体内の余分なナトリウムを排出するため、塩分を体内から出す働きがあり、このふたつの効果で高血圧を改善させるとされています。

 

 

多くの海藻に含まれるフコダインも高血圧を抑える効果があり、コレステロール値を下げ、血糖値の上昇を抑制し、免疫力を強化させる、肝機能を向上させる、がんの予防といった生活習慣病の予防に大きな影響を与える働きがあります。

 

 

わかめや昆布、めかぶなどに含まれるアミノ酸の一種であるラミニンは、血管の壁を強くし、弾力性のあるしなやかな血管へと蘇らせてくれますので、高血圧や動脈硬化の予防に効果的です。

 

 

 

 

 

 

ご家庭で最も手軽に海藻で高血圧予防をするなら、おすすめは海苔です。

 

 

カルシウム、カリウム、ミネラル、鉄分、食物繊維、ビタミンといった豊富な栄養成分を含み、栄養成分をそのまま乾燥させているので余すところなく摂取することができます。

 

 

とくにベータカロチンやビタミンCなどの抗酸化作用が強い栄養成分が豊富なので、アンチエイジングにも効果的。

 

 

EPAで血液サラサラ効果が期待でき、タウリンで血圧上昇を予防するといった働きで、高血圧予防やメタボリックシンドロームの予防に期待できますね。

 

 

 

 

 

 

ミネラルの宝庫と呼ばれる海苔には、マグネシウム、リン、亜鉛、ヨウ素などミネラルが豊富に含まれ、マグネシウムの働きによって交感神経を安定させ血圧の安定といった効果があります。

 

 

海藻にはカロリーがなくダイエット食品としても効果抜群ですが、味付け海苔や佃煮といった塩分が多い調理法は避けましょう。

 

 

高血圧の予防に効果的な海藻を使ったレシピをご紹介します。

 

 

昆布15g、お酢100mlを用意します。(酢は黒酢、りんご酢などお好みで)

 

 

昆布を細く切り、耐熱容器に入れ、お酢を注ぎます。

 

 

600Wで30秒ほど加熱し、一晩寝かせて「かんたん酢漬け昆布」の完成です。

 

 

酢の成分である酢酸、昆布のアルギン酸、フコダインの相乗効果によって高血圧予防に効果的なレシピです。

 

 

 

 

 

 

今回は食事で高血圧を予防する方法をご紹介しましたが、高血圧は生活習慣病のひとつであり、毎日の基本的生活習慣を整えることが予防の第一歩となります。

 

 

適度な運動、良質な睡眠、そして栄養バランスのとれた食事と、この3つがバランス良く働くことで高血圧を予防することができるでしょう。

 

 

高血圧は脳卒中や心疾患、動脈硬化のリスクを高めますので、早期予防・早期治療で高血圧のリスクなく健康的な生活を楽しみましょう。

 

 

高血圧予防には、次の記事も見てくださいね。

 

 

高血圧にいい玉ねぎ効果の真相は?